山形県全域で建築家とつくる高性能なデザイン注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

山形県天童市で一戸建ての維持費はどれぐらい?固定資産税からメンテ費まで徹底解説

家づくりノウハウ
公開日:2024.02.29
最終更新日:2024.03.29
 R+house × ササキハウスの家づくり写真
 R+house × ササキハウスの家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.02.29
最終更新日:2024.03.29

山形県天童市で一戸建ての維持費はどれぐらい?固定資産税からメンテ費まで徹底解説

家と虫眼鏡とお金
念願のマイホームを建てるとなると、その購入費用や住宅ローンの月々の返済額ばかりが気になりがちです。しかし、マイホームで生活していくためには、住宅ローンの返済費用だけが必要になるわけではありません。今回は、住宅ローン以外に必要になる一戸建ての維持費について解説。天童市で必要になる光熱費や、除雪にかかる費用などもピックアップしているので、このエリアにマイホームを検討している方は参考にしてください。

目 次

天童市の一戸建てに定期的にかかるコストは?

家とお金について考える年配の男性のイメージイラスト素材
天童市で一戸建てを維持していくためには、どのような費用が必要なのでしょうか。まずは、住宅ローン以外で定期的にかかるコストを確認していきましょう。

固定資産税・都市計画税

住宅を取得すると、その土地や建物に固定資産税や都市計画税が発生します。

固定資産税は、土地や家屋といった固定資産に課税され、市町村に納める税金です。天童市における固定資産税は、固定資産税評価額をもとに課税標準額の1.4%で算出。山形県内の固定資産税評価額の平均と比較すると、天童市の固定資産税評価額は2割から3割ほど高い傾向にあります。

都市計画税は、市街化区域内で土地・家屋を所有する場合に納める必要がある税金です。天童市では、土地や家屋の課税標準額の0.3%で算出されます。

参考元:山形県天童市|固定資産税・都市計画税

火災保険料・地震保険料

念願のマイホームを手に入れても、自然災害や火事で突然自宅を失ってしまうことも起こりえます。めったにないことかもしれませんが、備えをしておく意味でも火災保険や地震保険への加入は重要です。
また、災害や火事によって住宅ローン返済が滞るのを避けるため、住宅ローンを契約する際には火災保険への加入が求められます。

保険会社からデータ収集している損害保険料率算出機構による、2022年度「火災保険・地震保険の概況」を参考に、山形県の火災保険料・地震保険料の平均をみてみましょう。この資料によると、山形県における火災保険料は平均で53,118円。地震保険料の平均は22,755円となっています。

参考元:損害保険料率算出機構|2022年度火災保険・地震保険の概況

>>天童市の住宅ローン・金利情報のまとめについてはこちら

水道・光熱費

水道や電気も生活に必要不可欠です。節水や節電によって光熱費をできるだけ抑えられればと思いますが、実際に年間いくらほどかかるのでしょうか。

総務省が公表した「2020年から2022年の家計調査における県庁所在地・政令指定都市別ランキング」をみてみましょう。天童市の隣、山形県山形市では以下のような結果となっています。

内訳

料金(1カ月料金)

電気代

171,728円(約14,310円)

ガス代(プロパンガス)

62,114円(約5,176円)

灯油代

41,387円(約3,448円)

上下水道

93,007円(約7,750円)

水道・光熱費合計

368,236円(約30,686円)

全国的にみると、山形市は電気・ガス・灯油・上下水道すべてが上位に入るほど光熱費が高額です。山形県をはじめ東北近県など人口密度が小さい地域の場合、ガスや電気を共有するためのインフラにコストがかかる傾向があります。また、寒冷地であるため、冬の暖房費が膨らみがちです。つまり、家計大きく圧迫する光熱費を抑えるためには、住宅の断熱性能が重要になるといえるでしょう。

参考元:「家計調査(二人以上の世帯)品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキングバックナンバー ※2020年(令和2年)~2022年(令和4年)平均(Excelファイル)」

マイホーム維持のためには除雪やメンテナンスも必要

屋根に高く雪が積もった家と雪かきをする人のイラスト
このように、マイホームで生活するためには定期的にお金がかかります。しかし、一戸建てを維持していくために必要なコストはそれだけではありません。

エリアによっては除雪コストがかさむ場合も

天童市内は山形県内でも比較的雪が少ない地域ですが、ある程度の降雪量はあります。ここ数年では、雪が少ない年で1日の最大降雪量が6cm、多い年では1日の最大降雪量が26cmほどでした。

また、天童市内でも地域によって降雪量は異なります。雪が多い地域では、雪かきの手間を減らすために除雪機が必要になる場面も多いでしょう。除雪機はバッテリーやコンセントによって電力で動かすタイプや、ガソリンなどの燃料で動かすタイプなどさまざま。いずれにしても、除雪機の購入費用だけではなく、動かすためのコストも必要になってくるといえるでしょう。

参考元:山形県天童市移住ポータルサイト てんどう移住の窓口|よくあるご質問|
参考元:田麦野ホームページ|暮らす

>>天童市の気候を徹底解説!気候に適した住まいづくりのポイントは?

そのほか10年単位で外まわりや室内設備の交換・修繕が必要に

リフォームを考える夫婦と電卓
除雪にかかる費用以外にも、マイホームに長く住むと劣化に伴うメンテナンスやリフォームが必要になります。たとえば、外壁や屋根など外まわりは新築後10年ほどを目安にメンテナンスが必要です。また、キッチンまわりや浴室といった室内設備は築20年から30年ほどで、交換するケースが多くなります。

このように、長く住むほど部材が劣化するため、メンテナンスや大がかりなリフォームが必要になってきます。ある日突然高額な修理費用が必要になってしまう恐れもあるので、修繕費を念頭に置いて資金計画を立てることが重要です。

維持費軽減のためにできる家づくりのポイント

グレー調のキッチンと木目のダイニングと階段
それでは、マイホームの維持費を抑えるために、一戸建てを建てるときにできることはあるのでしょうか。ここからは、家を建てるときにできる経費削減のポイントをご紹介します。

住宅の省エネ性能を高める

山形県は水道や光熱費が高くなりがち。マイホームでの生活に必要な維持費を抑えるためには、断熱性や気密性を高めた省エネ住宅であることがポイントです。高断熱・高気密の住宅は、室温が外気の影響を受けにくくなるため、冬も暖かい快適な居住空間を実現できます。つまり、省エネ性能を高めるほど、空調や給湯などにかかるエネルギー消費量を抑えられるため、光熱費の削減につながるのです。

しかし、住宅の性能を高めれば建築にかかる導入費用は高くなる傾向があります。光熱費が抑えられるというメリットは大きいですが、住宅ローン返済の負担が上回ってしまっては意味がありません。トータルバランスを考えて、住宅性能を検討しましょう。

参考元:一般社団法人 住宅生産団体連合会「快適・安心なすまい なるほど省エネ住宅」

耐久性の高い建材を選ぶ

建材の耐久性についても、導入費用と維持費とのバランスを考える必要があります。耐久性の高い建材や部材を使うことで、修繕が必要になる回数が減るため、メンテナンスにかかる費用を抑えられます。しかし、住宅性能と同様に、耐久性の高い素材ほど導入費用が高くなる傾向にあるため、トータルバランスを考えて検討しましょう。

>>天童市の建築相場と坪単価まとめ!自分の年収でできる家づくりとは?

施工会社のアフターサービスもチェックする

定期的に点検やメンテナンスをしておくことで、突然大規模な修理が必要になってしまったという事態を回避できます。不具合や欠陥が軽微なうちに修理できれば、メンテナンス費用も抑えられます。

しかし、専門家でないとどのような欠陥があるのか気づけない場合もあるでしょう。そのため、定期点検など、アフターサービスが充実している施工会社を選ぶと安心です。

天童市周辺で一戸建てを建てるならSASAKI HOUSE×R+house天童へ

シンプルな白壁のリビングキッチン_化粧梁天井
天童市で一戸建てにかかる維持費についてご紹介しました。人生の中でも一番といえるほど高額な買い物となるマイホーム購入ですが、その購入費だけではなく維持費も考慮した資金計画が重要です。

SASAKI HOUSE×R+house天童では、家づくりで後悔しないための勉強会や相談会を定期的に開催しています。光熱費削減に必要な高い住宅性能を予算内で実現するポイントや資金計画の立て方など、不安が多い家づくりをサポートしています。
天童市をはじめ東根市、寒河江市、河北町などで注文住宅を検討している方は、ぜひSASAKI HOUSE×R+house天童までご相談ください。
#山形県天童市#省エネ住宅 #注文住宅 #新築 #住宅維持費 #税金 #家づくりの基礎知識 #保険・保証・アフターサービス

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

 R+house × ササキハウスの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.03

注文住宅の断熱性能を示すUA値・断熱等級とは?天童市周辺の基準値も解説

 R+house × ササキハウスの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.03

注文住宅の間取りは「りんご型」が人気!天童市で建てる際の注意点も解説

 R+house × ササキハウスの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.03

注文住宅と分譲住宅、購入するならどっち?天童市周辺の分譲地エリアもご紹介

 R+house × ササキハウスの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.03

天童市で建築家に依頼して注文住宅を建てる時のメリットとは?デメリットも紹介

前へ
耐震とは?天童市周辺エリアで安心安全に暮らすために知っておきたいこと
天童市・東根市など村山地域の幼稚園・保育園!家を建てるならどのエリア?
次へ
耐震とは?天童市周辺エリアで安心安全に暮らすために知っておきたいこと
天童市・東根市など村山地域の幼稚園・保育園!家を建てるならどのエリア?

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

平屋の家

注文住宅 R+house
アールプラスハウス

R+house天童では、しっかりとご計画・ご予算をお聞きした上で、無理せず理想の家づくりが出来るようご提案していきます。弊社スタッフに何でもご相談ください。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

 R+house × ササキハウスの家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

 R+house × ササキハウスの家づくり写真

お問い合わせ
個別で家づくりのご相談を承ります。

R+house.天童(ササキハウス本社内)
住所
山形市流通センター1丁目8-1
営業時間
09:00~18:00
休業日
火曜日 水曜日